Loading...
美味しいパン粉の出来るまで

1. サイロ

原料の小麦粉を製粉工場よりローリー車で入荷します。
ボタン一つで定量をミキサーへ送ります。

2. ミキサー

原料の小麦粉は副原料とともに冷・温水で練り、よく捏ねます。

3. 第1発酵

ミキサーで練ったパン生地を自動発酵室で休め、発酵させます。

4. シート成形ライン

生地のダメージがない連続シート製法で
分割・成形し、自動的に生地をケースに
入れます。

4. 分割成形ライン

生地を分割し丸めた後、ガス抜きをして、自動的にケースに入れます。

5. 第2発酵(最終発酵)

自動発酵室にてゆっくり発酵するのを待ちます。

6. 焼成(電極式)

電極板に電気を通電し、パンを焼き上げます。

6. 焼成(焙焼式)

食パンと同じ方法で、ガスオーブンを使ってパンを焼き上げます。

7. 老化

焼き上がったパンを低温庫のラックで冷蔵保管し、老化させます。

8. 粉砕

老化させたパンを粉砕機で砕きます。
※パン粉の製造工程では粉砕工程が重要です。

9.乾燥

生パン粉…水分調整はしません。
セミドライパン粉・乾燥パン粉…乾燥機で水分の調整します。

10. 金属検出器・マグネットチェック

パン粉を検品し、金属検出器を通します。

11. 包装

各種類とも、自動計量・自動包装し、袋詰めをします。